インフルエンザワクチン接種 WEB予約はこちら
  • 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1 エスパル仙台東館4F
MENU

診療科目

Medical

診療科目|医療法人SOUNDSLEEP 仙台内科睡眠クリニック

診療科目

Medical

内科

当院の「内科外来」は総合内科専門医が担当いたします。
「何科に行っていいかわからない」ということがよくあると思いますが、そんな時には総合内科専門医に相談するのが一番です。幅広い内科の知識と経験を持った総合内科専門医が、しっかり診察を行ったうえで、その場で検査・治療できるものは行い、専門的な検査や治療が必要なものは専門病院に紹介することができます。
当院でも糖尿病治療や睡眠時無呼吸症候群の治療は、大病院と同等の内容を提供することが可能です。

禁煙外来

現在のところ、喫煙が人体に及ぼす影響の中で、医学的に証明された明らかなメリットはひとつもありません。逆に喫煙の悪影響は枚挙にいとまがなく、正に百害あって一利なしです。
タバコによってリスクが高まる病気は、肺がん、喉頭がん、食道がんをはじめとした悪性腫瘍、高血圧、動脈硬化、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、認知症など数え切れないくらいですから、タバコをやめるだけでぐっと健康な体に近づきます。タバコを吸っている人と吸わない人の平均寿命はなんと10年も違います。また、タバコは見た目にも大きな影響を与えます。俗に言う「スモーカーズフェイス」。シワが増え、歯や歯ぐきに着色が起こり、白髪が増えます。年月が経つごとにタバコを吸わない人よりも老けてみえるようになります。
タバコの怖いところは、若い時にはこれといった症状は出ず、症状が出てくるのは年を取ってからにならないとわからないことです。具体的には咳や痰の絡み、労作時の息切れ・呼吸困難等です。気づいた時には肺は荒廃しきってしまって元には戻らず、四六時中呼吸困難感に悩まされ常時酸素吸入が必要になって、酸素ボンベを携帯しなければならなくなる方も多くいます。
長年の喫煙が習慣化してしまい、タバコがやめられない方はニコチン依存症という病気です。「タバコなんかいつでも止められるよ」と思いながら吸い続けている方も多いと思いますが、実際にはそう簡単に止められる訳ではありません。ニコチン依存症のメカニズムは本質的に麻薬中毒と同じです。ニコチンの禁断症状を乗り越えるためにも、医療機関で禁煙補助薬の力を借りてタバコからの離脱を成功させましょう。

予防接種・抗体検査

ウイルスや細菌等のいわゆる「バイ菌」による感染症を予防するために接種するのが「ワクチン」でありそれ自体を予防接種といいます。
予防接種は、ワクチンを接種することにより「バイ菌」を倒す「抗体」を作るのが目的です。「抗体」というのは例えて言うと軍隊みたいなもので、たくさんいればバイ菌を退治してくれます。たくさんいるかどうかを調べるのが「抗体検査」で、一定数を下回った場合には戦力不足と判断され感染の危険ありとなります。予防接種で有名なのがインフルエンザワクチンですが、その年に流行するウイルスのタイプが変化するので毎年予防接種を受けなければなりません。
一方、麻疹(はしか)や風疹(三日はしか)等は一度ワクチンを打って抗体ができれば何年も感染を予防できます。ワクチンを打てば必ず抗体ができるわけではないので、中にはワクチンを打っても抗体ができない方もおられます。

健康診断

健康診断には、法で定められた義務的な健康診断である「法定健康診断」と保険会社の審査等で行う「その他の健康診断」があります。
法定健康診断は、就業時に行う雇用時健康診断や労働者が年に1回行う定期健康診断等がそれに該当します。目的は労働者の健康管理が主で、症状が出にくい生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常)や心臓、肺の病気の発見目的に行っております。
また、電離放射線や特殊溶剤等を扱う業務に従事している方も特別な法定健康診断を受けなければいけません。一方その他の健康診断は、法律で詳しく定められていないものです。代表的なものは、保険会社の審査のための健康診断等があります。