• 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1 エスパル仙台東館4F
MENU

禁煙外来

Medical

禁煙外来|医療法人SOUNDSLEEP 仙台内科睡眠クリニック

禁煙外来

Medical

禁煙外来

禁煙外来

現在のところ、喫煙が人体に及ぼす影響の中で、医学的に証明された明らかなメリットはひとつもありません。逆に喫煙の悪影響は枚挙にいとまがなく、正に百害あって一利なしです。
タバコによってリスクが高まる病気は、肺がん、喉頭がん、食道がんをはじめとした悪性腫瘍、高血圧、動脈硬化、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、認知症など数え切れないくらいですから、タバコをやめるだけでぐっと健康な体に近づきます。タバコを吸っている人と吸わない人の平均寿命はなんと10年も違います。また、タバコは見た目にも大きな影響を与えます。俗に言う「スモーカーズフェイス」。シワが増え、歯や歯ぐきに着色が起こり、白髪が増えます。年月が経つごとにタバコを吸わない人よりも老けてみえるようになります。
タバコの怖いところは、若い時にはこれといった症状は出ず、症状が出てくるのは年を取ってからにならないとわからないことです。具体的には咳や痰の絡み、労作時の息切れ・呼吸困難等です。気づいた時には肺は荒廃しきってしまって元には戻らず、四六時中呼吸困難感に悩まされ常時酸素吸入が必要になって、酸素ボンベを携帯しなければならなくなる方も多くいます。
長年の喫煙が習慣化してしまい、タバコがやめられない方はニコチン依存症という病気です。「タバコなんかいつでも止められるよ」と思いながら吸い続けている方も多いと思いますが、実際にはそう簡単に止められる訳ではありません。ニコチン依存症のメカニズムは本質的に麻薬中毒と同じです。ニコチンの禁断症状を乗り越えるためにも、医療機関で禁煙補助薬の力を借りてタバコからの離脱を成功させましょう。

禁煙治療は保険診療の対象ではありますが、保険診療が適応になるにはいくつか条件があります(下記1~5の全てを満たすこと)。

  • ニコチン依存症スクリーニングテストによりニコチン依存症と診断される
  • 35歳以上の方の場合は、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上ある
  • すぐに(1か月以内)に禁煙したいと思っている
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に文書で同意する
  • 過去一年以内に保険診療の禁煙治療を受けていない。
    日頃から「いつかは禁煙しようかな」と思っていた方、禁煙のきっかけがつかめずにいる方、勇気を出して始めてみませんか。明日から…、ではなく今日から!

禁煙するといいことがいっぱい!

タバコ代がいらなくなる。

年々タバコの値段は上がっていますが、タバコに占める税金の比率が高く、タバコ代のうちのおよそ6割は税金です。高額な税金を払ってまで健康を害するのはやめましょう。

タバコに使っていた時間が無くなる。

近年公共施設や屋内禁煙の場所が多くなって、職場での喫煙場所も限られてきています。喫煙場所への移動時間や休憩時間の消費など自分の時間を削って喫煙を続けることがなくなれば、仕事の効率や自分の時間が増えて有効に使えます。

食事がおいしくなる。

タバコを吸っていると味覚や嗅覚が障害され、味や臭いに鈍感になります。禁煙すると2週間ぐらいで味を感じる味蕾細胞が回復してくるので味覚が鋭くなり、食事が美味しく感じられるようになります。

肺がきれいになり呼吸が楽になる!

荒廃して焼け野原になった肺は戻りませんが、禁煙により気道の炎症は収まり、咳や痰の絡みが改善して楽になります。

死亡率の高い病気リスクを大幅に軽減できる!

タバコが体内に入ると活性酸素が多量に作られ、活性酸素は肺を直接障害するだけでなく、体中の細胞にダメージを与えます。血液中では血管の壁を傷つけて動脈硬化を進めて、血管を脆くしたり詰まり易くなったりするので脳梗塞や心筋梗塞などを起こしやすくなります。また、活性酸素は全身の細胞にも傷を付けますので肺がんだけでなく、全身のがんのリスクが高まります。禁煙により酸化ストレスが減ることにより活性酸素の産生が抑えられ、細胞のダメージが減少して、がん化リスクや動脈硬化を軽減できます。

禁煙治療のながれ

禁煙治療のながれ

禁煙治療は医師のアドバイス・カウンセリングに加え、禁煙補助薬を使用してニコチンの禁断症状を抑えながら12週間かけて禁煙を達成していくプログラムです。受診回数は12週間で合計5回(初回受診・2週間後・4週間後・8週間後・12週間後)です。
毎回呼気中の一酸化炭素濃度を測定します。不完全燃焼ガスや車の排ガスに多く含まれていますが、喫煙者は呼気中の濃度が高いといわれています。禁煙すると大体1日で非喫煙者レベルに下がります。
禁煙補助薬には飲み薬とニコチンパッチの貼布剤がありますが、飲み薬の方が若干治療効果は高いので、まずは飲み薬(チャンピックス)を使っています。副作用(嘔気や胃痛、眠気等)が強くて続けられないような場合にはニコチンパッチに変更して治療を継続します。

禁煙はタバコを止め続ける、という一生の戦いです。何度も挫折しそうになるかもしれませんが、あきらめないで挑戦し続けましょう。禁煙するのは早いに越したことはありませんが、もう遅いということもありません、今からでも間に合います、一日でも早く禁煙を達成して健康的で有意義な生活を取り戻しましょう。